成功率を上げるアパート経営【東京編】
成功率を上げるアパート経営【東京編】 » アパート経営で成功するために絶対身につけておくべき基礎知識 » キャッシュフローとは

キャッシュフローとは

ここではアパート経営におけるキャッシュフローや注意すべきポイントについて解説しています。

アパート経営におけるキャッシュフローとは

キャッシュフローとは得られた収入から外部への支出を引いて手元に残る現金のことを言います。アパート経営においては家賃収入から税金や火災保険料、ローン返済額などの経費を引いた差額のことです。

アパート経営では想定していなかった費用がかかったり、空室が続いて家賃収入が得られないなど、利益が出るはずなのに実際には現金が残らないこともあります。現金の流れに注目してアパート経営を考えることがキャッシュフローの基本です。

利回りとキャッシュフローの違い

アパート経営では利回りが指標としてよく使われますが、キャッシュフローは利回りとは違います。表面利回りは年間家賃収入を物件購入価格で単純に割ったものですし、実質利回りは一部経費は差し引きますが空室損失やローン返済額は含みません。

入居者が退去したら数ヶ月空室が続くことは珍しくありませんし、毎月のローンの返済は無くなることはありません。利回り計算上では利益が出ていてもキャッシュフロー的には赤字になってしまうこともあるのです。

キャッシュフローを増やすには税金にも注目

ローン元金返済は経費ではない

アパート経営で得られる利益は不動産所得として毎年確定申告をして所得税を支払うことになります。キャッシュフロー上では赤字になっているから所得税は減額になるかというと、そのようには行きません。

例えばローンの返済については所得計算する上で利息に関しては経費として認められますが、元金返済額については経費にはなりません。会計上は返済した分だけ資産が増えるので逆に所得としてみなされるのです。

売上に計上される滞納家賃

家賃滞納が発生すると現金収入が無くなるのでキャッシュフロー上はマイナスになります。ところが会計処理では滞納家賃は未収金になり売上として計上されるため、プラスの数字になってしまいます。

したがって入居者が家賃を何ヶ月も滞納して手元に現金が無くなった状態でも、所得があったことになります。アパート経営において家賃滞納が大きなリスクとなると言われるのはこうした事情があるからです。

税金は間違いなく毎年発生

アパート経営を続けていると、収支の状況に関わらず毎年必ず発生する税金があります。家賃収入と経費だけ注目して税金の存在を忘れていると、後になって痛い目にあうので注意が必要です。

一般の住宅を購入した際と同様に固定資産税や都市計画税は毎年かかりますし、不動産賃貸の規模が一定の基準を超えると個人事業税が課せられます。これらは必要経費として認められますがキャッシュフロー上は支出となります。

アパート経営の得意分野別おすすめ企業3選

人気エリア
新築アパート経営なら
ATELIER APARTMENT TOKYO
ATELIER APARTMENT TOKYOの公式HPキャプチャ

立地&デザイン性で
入居者の心をガッチリつかむ

電話相談はコチラ
03-3516-0221

安価&新築
アパート経営なら
シノケン
シノケンの公式HPキャプチャ

自己資金が少なくても
経営できるノウハウ有り

電話相談はコチラ
0120-54-1143

すぐにスタートできる
中古アパート経営なら
東急リバブル
東急リバブルの公式HPキャプチャ

知名度・中古物件の保有数は
東京エリア屈指

電話相談はコチラ
0120-919-574

おすすめのアパート投資と企業
資産・年収・経験からおすすめのアパート投資と企業を紹介 アパート経営のセミナー情報を確認する
成功率を上げる
アパート経営
【東京編】