成功率を上げるアパート経営【東京編】
成功率を上げるアパート経営【東京編】 » アパート経営で成功するために絶対身につけておくべき基礎知識 » マンション経営との違い

マンション経営との違い

ここではアパート経営とマンション経営の違いやメリット・デメリットについて解説します。

アパート経営とは

所有するアパート一棟の各部屋を賃貸し、入居者から家賃収入を得る不動産事業のことをアパート経営と言います。すでに所有している土地または新規に土地を購入してアパートを建築したり、土地と中古アパートを購入するなどいくつかのケースがあります。

マンション経営と比較した場合のアパート経営のメリット

マンションよりも建物自体の建築費は安価となるケースが多いです。土地と建物の両方を購入するため、区分所有のマンションより規模は大きくなりますが、建物の価値が無くなっても土地が残るため資産がゼロになることがないのもポイント。

また、取り壊しが必要になった場合はマンションよりも安価かつ短期間でできるのと、複数のオーナーが共有しているマンションと比べ、アパートは一棟所有なので大規模修繕などの意思決定にも時間がかからない点もメリットと言えるでしょう。

マンション経営と比較した場合のアパート経営のデメリット

一般的にマンションよりもアパートの方が空室率は高いと言われています。マンションは高層化することができて立地も駅から近い場所に建築することが多く、それと比べるとアパートは低層で立地面で弱い部分があります。

空室率という点だけで比較するとアパート経営は高いですが、複数の部屋を賃貸しているため、突然100%空室になる可能性は低いとも言えます。区分所有のワンルームマンションの場合は入居したかしていないかの0%か100%という点も押さえておくとよいでしょう。

アパート経営とマンション経営の利回りの違い

アパートとマンションを比較した場合、アパート経営の方が利回りは高くなる傾向にあります。一般的にアパートは新築で7~8%、中古で9~10%、マンション(区分)は4~5%程度と言われています。

6万円の家賃で8部屋あるアパートを6,000万円で購入したとします。想定年間家賃収入は576万円で、表面利回りは576/6000×100=9.6%になります。9万円の家賃のマンション(区分)を2,000万円で購入したとすると想定年間家賃収入は108万円で表面利回りは108/2000×100=5.4%です。

まとめ

アパート経営とマンション経営では、どちらも似たものに感じるかもしれません。しかし、家賃収入や利回り、資産価値など考え方が全く異なりどちらも一長一短あります。

どちらにするか迷っている場合は長期的な視点で何を目的にするか明確にした上で、できれば専門の不動産会社に相談することをおすすめします。

アパート経営の得意分野別おすすめ企業3選

人気エリア
新築アパート経営なら
ATELIER APARTMENT TOKYO
ATELIER APARTMENT TOKYOの公式HPキャプチャ

立地&デザイン性で
入居者の心をガッチリつかむ

電話相談はコチラ
03-3516-0221

安価&新築
アパート経営なら
シノケン
シノケンの公式HPキャプチャ

自己資金が少なくても
経営できるノウハウ有り

電話相談はコチラ
0120-54-1143

すぐにスタートできる
中古アパート経営なら
東急リバブル
東急リバブルの公式HPキャプチャ

知名度・中古物件の保有数は
東京エリア屈指

電話相談はコチラ
0120-919-574

おすすめのアパート投資と企業
資産・年収・経験からおすすめのアパート投資と企業を紹介 アパート経営のセミナー情報を確認する
成功率を上げる
アパート経営
【東京編】