成功率を上げるアパート経営【東京編】
成功率を上げるアパート経営【東京編】 » アパート経営で成功するために絶対身につけておくべき基礎知識 » アパート経営のインターネット回線について

アパート経営のインターネット回線について

ここでは、アパート経営におけるインターネット回線について解説しています。

インターネット回線は導入すべきか?

アパート経営で運営を考える際、そのアパートにインターネット回線を導入すべきでしょうか?入居者の確保にあたってはお部屋の設備の充実度も大きな決め手のひとつ。入居者が無料で利用することができるインターネット回線があれば、入居者の募集でもとても有利となります。

そこでまずは、アパート経営におけるインターネット回線の基礎知識についてまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

インターネット回線の基礎知識

インターネット回線のある物件は人気

アパート経営では、「いかに入居者を確保して空室を出さないか」「いかに賃料を最大化できるか」が課題となってきます。言い換えれば、コストバランスを考えながら、入居するメリットをどれほど揃えることができるか、ということです。入居者のメリットとしては、「駅から近い」といった立地条件などが大きいですが、「オートロックや防犯カメラが設置されている」「お風呂に追い焚き機能がある」といった住宅設備の充実も、入居者にメリットを感じてもらうポイントとなってきます。

入居者が無料で利用することができる「インターネット回線」もまた、こういった入居者のメリットになる住宅設備です。近年では、インターネット回線が導入されている賃貸物件の人気は高まっており、実際に、2018年の調査では、シングル・ファミリーいずれをターゲットとする物件でも、「インターネット回線」は、入居を決める設備として1位に挙げられています。適切に導入することができれば、アパート経営を安定的に行うことにつながるのです。

利回りの向上にも期待できる

無料の「インターネット回線」は、賃料をアップさせて利回りを向上させることにも期待できます。インターネット回線を導入する入居者は少なくありませんが、個人で契約する手間やランニングコストがかかります。そこで、インターネット回線が事前に導入され、無料で利用できるとあれば、賃料や管理費が多少高めに設定されていても、割高感を緩和することができるからです。もちろん、それだけで同じエリアの家賃相場から大幅に賃料をあげることができませんが、長期的にみれば、利回りを大きくすることにつながります。

技術革新を見誤らないこと

ただし、インターネット回線は技術革新のスピードが早いこともあり、どのような設備を導入すべきか、先を見越しながら判断をしなければなりません。

例えば、以前は「光ケーブル」による高速の固定回線を利用できるアパートが好評で、実際に多くの物件で利用できましたが、現在はスマートフォンが普及したことにより、固定回線のニーズは低下しています。固定回線には別途でコストも必要になってきますから、今後もニーズを見越した早め早めの判断が求められます。高額の設備が必要になるものや、一度導入したら取り外しができないようなタイプのものは避けるようにしましょう。

現在は無料Wi-Fiが主流に

スマートフォンが普及した現在では、無料のWi-Fi設備が、アパート経営でも「インターネット回線」の主流になってきています。Wi-Fiであれば、パソコンはもちろん、ゲーム機器やWi-Fi対応の家電といったIoT機器も便利に使用できますから、入居者の生活全体を便利にすることにつながります。

「有線」・「無線」どちらにすべき?

アパート経営においてインターネットを導入するにあたっては、回線を「有線方式」にするか、それとも「無線方式」にするかで対応が異なってきます。

それぞれの特徴やメリット・デメリットについてみてみましょう。

「有線方式」の特徴

「有線方式」でインターネットを導入する場合、アパートでは、ルーターからそれぞれの部屋にさらにLANケーブルによる配線を行う必要があります。Wi-Fi設備が必要であれば、それぞれの部屋にひとつずつ設置することになります。

「有線方式」のメリット・デメリット

「有線方式」のメリットは、インターネットの速度が高速で、かつ安定的であるということ。またWi-Fi設備についても、それぞれの室内に設置されるため、部屋が広かったり、鉄筋コンクリート造である場合でも、「Wi-Fiの電波が届かない」ということがまずない、ということです。高品質なインターネット回線を求めている入居者にとっては、大きなメリットとなります。

一方、デメリットとしては、電話線の配管設備に対して、さらにインターネット回線用の配線工事を行う必要があるため、工事が発生してしまう、という点が挙げられます。

「無線方式」の特徴

「無線方式」でインターネット回線を設置する場合、アパートの供用スペースや壁面などにWi-Fi機器を設置します。各部屋には設備を設置する必要はありませんが、電波が届く範囲には限度がありますので、導入できるアパートの面積や構造に条件があるため、注意が必要です。

「無線方式」のメリット・デメリット

「無線方式」のメリットは、インターネットに関する設備のメンテナンスに、比較的手間がかからないことが挙げられます。有線の場合に必要な工事も省けるので、入居者がいる場合でも個別で工事も必要ありません。工事費用についても20%程度、おさえられるでしょう。工期も早ければ1日で済ませることが可能です。器機に故障などが生じた時も同様に、スピーディーで手間を抑えた復旧が可能ということでもあります。

デメリットとしては、物件の場所や構造によっては、Wi-Fiの電波が届かない、弱い、といった現象が起こってしまう可能性が上げられます。入居者のクレームにもつながってしまうリスクもありますので、無線方式でインターネット回線を導入する場合は、事前に業者に電波状況のテストを行ってもらうようにしましょう。

導入にはどれほどのコストがかかる?

最後に、アパート経営においてインターネット設備を導入する場合、どれほどのコストが必要になるかについて見てみましょう。

導入にあたり、初期に必要な工事費用としては、戸数の規模によっても変動しますが、一戸あたりおおよそ5万円程度が相場となっています。また、その後のメンテナンス・維持に必要な設備費用として、一戸あたり毎月500円程度を見込んでおきましょう。

保守費用は毎月の家賃の金額設定にも影響してきます。家賃をあげることが難しい場合は、利回りを考えてあえて導入しない、ということも賢明な判断になることでしょう。

コストを抑えるコツは?

インターネット設備を導入する際は、複数の大手インターネット通信企業から相見積もりを取ったり、キャンペーンなどの情報を収集することで、費用を抑えられる場合があります。また、インターネット通信は、例えばプロパンガス会社などからも導入できるプランがありますから、コストをおさえて導入できるかもしれません。導入を考える際もこうした事前の情報収集をおこない、より良い選択肢を見つけてくださいね。

アパート経営の得意分野別おすすめ企業3選

人気エリア
新築アパート経営なら
ATELIER APARTMENT TOKYO
ATELIER APARTMENT TOKYOの公式HPキャプチャ

立地&デザイン性で
入居者の心をガッチリつかむ

電話相談はコチラ
03-3516-0221

安価&新築
アパート経営なら
シノケン
シノケンの公式HPキャプチャ

自己資金が少なくても
経営できるノウハウ有り

電話相談はコチラ
0120-54-1143

すぐにスタートできる
中古アパート経営なら
東急リバブル
東急リバブルの公式HPキャプチャ

知名度・中古物件の保有数は
東京エリア屈指

電話相談はコチラ
0120-919-574

おすすめのアパート投資と企業
資産・年収・経験からおすすめのアパート投資と企業を紹介 アパート経営のセミナー情報を確認する
成功率を上げる
アパート経営
【東京編】