成功率を上げるアパート経営【東京編】
成功率を上げるアパート経営【東京編】 » アパート経営で成功するために絶対身につけておくべき基礎知識 » 生命保険の代わりに

生命保険の代わりに

ここではアパート経営の生命保険としての機能や注意すべきポイントなどについて解説しています。

アパート経営で加入する団体信用生命保険とは?

団体信用生命保険とはアパートローンや住宅ローンを組む際に加入する保険で、ローン契約者が死亡したり、高度障害者になった場合に残債を金融機関に支払う仕組みの保険です。

もともと金融機関側のリスクに備えた保険なのでローンを組む際には団体信用生命保険の加入を条件としている場合もあります。加入により万が一の場合には金融機関だけでなく契約者にもメリットがあります。

加入方法

団体信用生命保険の加入はローンの申込時に一緒に手続きが行われることがほとんどで、ローン契約後に途中加入は原則できません。団体信用生命保険への加入可否を選択できるローンもありますが、加入を条件としたローンだと必須です。

ローンの返済不能を補てんする目的で生まれた保険のため金融機関が受取人となります。一般的な生命保険と性質が異なりますが、病気等の告知義務があるので場合によっては加入できないこともあります。

保険料の支払い方法

団体信用生命保険はローンの金利に上乗せするような形式になっているためローン返済額の中に保険料が含まれています。したがって払込票が届いて支払手続きをしなくても銀行口座引落しやクレジットカードによって支払われます。

保険期間と保障期間

一般的な生命保険は保障と保険期間が同様の定期保険や、保険期間はバラバラで保障は生涯継続する終身保険などさまざまなタイプがありますが、団体信用生命保の場合はこうした考え方とは異なった設定になっています。

保険会社ごとに完済年齢というのが決められていて、そこから本人の年齢を引いた年数が保険期間であり保障期間でもあります。つまりローンの返済している期間と同じです。また保険料の払込期間が終了した後も不動産という資産は残ることになります。

アパート経営での団体信用生命保険加入のメリット・デメリット

メリット

デメリット

アパート経営の得意分野別おすすめ企業3選

人気エリア
新築アパート経営なら
ATELIER APARTMENT TOKYO
ATELIER APARTMENT TOKYOの公式HPキャプチャ

立地&デザイン性で
入居者の心をガッチリつかむ

電話相談はコチラ
03-3516-0221

安価&新築
アパート経営なら
シノケン
シノケンの公式HPキャプチャ

自己資金が少なくても
経営できるノウハウ有り

電話相談はコチラ
0120-54-1143

すぐにスタートできる
中古アパート経営なら
東急リバブル
東急リバブルの公式HPキャプチャ

知名度・中古物件の保有数は
東京エリア屈指

電話相談はコチラ
0120-919-574

おすすめのアパート投資と企業
資産・年収・経験からおすすめのアパート投資と企業を紹介 アパート経営のセミナー情報を確認する
成功率を上げる
アパート経営
【東京編】