成功率を上げるアパート経営【東京編】
成功率を上げるアパート経営【東京編】 » アパート経営で成功するために絶対身につけておくべき基礎知識 » 融資

融資

ここではアパート経営での融資戦略や金融機関ごとの特徴、条件の違いなどについて解説しています。

融資戦略について考えよう

融資を選定としているアパート経営では物件と同じくらい融資条件や借入先の金融機関が重要になります。家賃収入の中からローンの返済を続けていくことになりますので、融資も戦略的に考えていかないと失敗することもあります。

アパート経営をしたいからといって誰でも金融機関から融資を受けられるわけではありません。個人の信用だけでなく事業としてのアパート経営計画の中身や収益性も審査の対象となり金融機関ごとに融資条件も異なるからです。

銀行・金融機関の特徴と基準

都市銀行(メガバンク)

全国展開しているため融資エリアが広く、他の金融機関と比べるとアパートローンの金利も低めに設定されています。その反面、審査基準が厳しくローンを組みたい人の年収や自己資金が多くないと融資を受けられないこともあります。

地方銀行

地域の経済発展を目的としているため、対象物件や居住地近くに支店があることが融資条件の一つになります。アパート経営に向けたローンを組んでいることも多く、地域条件をクリアしていればメガバンクより融資が受けやすいです。

信金・信組

該当エリアの中小企業や個人を取引先として出資者(利用者)の相互扶助の精神の下で運営されているため営利を第一の目的としないことが銀行とは異なります。個人型と法人型があり年収や期間など融資条件も柔軟です。

ノンバンク

不動産融資に積極的で年収が低く自己資金が少ない場合でもアパートローンの融資が受けやすい傾向にあります。その反面、金利が高いので計画的に利用しないと返済が困難になることも考えられるため慎重さが必要になります。

融資の流れ

細かな部分に関しては金融機関によって流れは異なりますが、大きな流れは共通しています。融資を受ける人(または法人)と物件の情報を提出します。源泉徴収票など収入を証明する書類や物件データ、事業計画書です。収益性や計画性に問題がないか審査を行い通過すれば融資を受けることが可能になります。

融資条件

金融機関によって融資条件は違います。金利も1%~5%と幅があり自己資金の割合や担保の有無、保証人・連帯保証人の有無などによって金利や返済期間も変動します。審査が厳しい金融機関ほど金利は低くなる傾向にあり、これに社会情勢や市況も加味され最終的に判断されます。

まとめ

融資は様々な条件により審査の通過や金利にも影響してくるため、慣れない初心者が考えなしで動くよりも専門家に相談した方が安心です。何から始めればわからないという場合には、アパート経営セミナー等に参加するなどして不明点を明らかにしていくことが重要です。

アパート経営の得意分野別おすすめ企業3選

人気エリア
新築アパート経営なら
ATELIER APARTMENT TOKYO
ATELIER APARTMENT TOKYOの公式HPキャプチャ

立地&デザイン性で
入居者の心をガッチリつかむ

電話相談はコチラ
03-3516-0221

安価&新築
アパート経営なら
シノケン
シノケンの公式HPキャプチャ

自己資金が少なくても
経営できるノウハウ有り

電話相談はコチラ
0120-54-1143

すぐにスタートできる
中古アパート経営なら
東急リバブル
東急リバブルの公式HPキャプチャ

知名度・中古物件の保有数は
東京エリア屈指

電話相談はコチラ
0120-919-574

おすすめのアパート投資と企業
資産・年収・経験からおすすめのアパート投資と企業を紹介 アパート経営のセミナー情報を確認する
成功率を上げる
アパート経営
【東京編】