成功率を上げるアパート経営【東京編】
成功率を上げるアパート経営【東京編】 » アパート経営で成功するために絶対身につけておくべき基礎知識 » 年金対策

年金対策

ここでは将来に向けた年金対策としてのアパート経営のあり方や注意したい点について解説しています。

アパート経営が年金対策として注目されている

少子高齢化に伴う年金収入減少への対策として定期的に家賃収入が見込めるアパート経営が注目されています。そこで老後に支給される年金額や生活に必要な資金を調査し、アパート経営が本当に年金対策に役立つのか検証していきます。

老後に支給される年金の額

厚生労働省の資料「平成29年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」によれば、平均年金月額は厚生年金保険(第1号)が144,903円、国民年金が55,518円となっています。

夫の厚生年金と妻の国民年金を合わせて月額20万円前後がサラリーマンを続けてきた世帯の平均的な年金支給額と考えることができます。ただしこれは全年齢の平均額なので年齢が低い人ほど年金支給額は減っています。

このまま少子高齢化が進んでいけばますます年金財政は厳しくなる一方で、さらに減額するか支給開始年齢が現在の65歳よりさらに引き上げられる可能性が高いでしょう。

参考サイト:厚生労働省「平成29年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」[PDF]

老後の必要な資金はいくら

総務省の高齢者の家計に関する資料では2017年度の高齢者世帯(世帯主が65歳以上である二人以上の世帯)の消費支出は247,701円となっています。夫婦で月額20万円の年金を受給していても毎月5万円ほど赤字になる計算です。

生命保険文化センターによると日本人の平均寿命は男性が81.09歳、女性が87.26歳(2017年)。85歳が寿命としても年金受給から20年間、生活費の赤字を貯蓄から取り崩していかなければなりません。

人生100年時代と言われていますので仮に100年まで生きたとすると35年間生活費を捻出しなければなりません。現状でも5万円×12ヶ月×35年=2,100万円必要になる計算になりますからインフレなどを加味すると3,000万円くらいの資金がないと安心できません。

参考サイト:総務省「高齢者の家計」

参考サイト:生命保険文化センター「日本人の平均寿命はどれくらい?」

年金+家賃収入で老後の生活を潤そう

すでに老後のために2,000万円~3,000万円の貯蓄や資産があるというのであれば心配ないですが、そうでない場合は何らかの対策が必要です。年金対策としてのアパート経営を検討した場合どのようになるか整理してみましょう。

アパート経営は家賃収入があったとしてもローンの返済月々かかる管理費などを考えると、すぐにお金が溜まっていく仕組みではありません。しかしながら年金対策として考え、リタイアする前にローンを完済すれば老後の生活の支えとなります。

もちろん他にも公的年金の不足を補うための資産運用や金融商品は存在します。その中でもアパート経営が年金対策として注目されているのはローリスク・ロングリターンで株式投資などと比べて安定した毎月の収入を得やすいからです。

アパート経営の注意点

アパート経営は比較的ローリスクとは言えども、定期預金のように元本が保証された金融商品とは違ってさまざまなリスクがあります。始めれば必ず儲かるわけではなくリスクを回避しながら安定収入を目指すものです。

年数が経過すれば建物も老朽化しますし、適切な修繕を行わないと入居者が離れていってしまいます。不労所得だから何もしなくてよいわけではなく、アパート経営のオーナーとして自覚をもって取り組むことが重要です。

アパート経営の得意分野別おすすめ企業3選

人気エリア
新築アパート経営なら
ATELIER APARTMENT TOKYO
ATELIER APARTMENT TOKYOの公式HPキャプチャ

立地&デザイン性で
入居者の心をガッチリつかむ

電話相談はコチラ
03-3516-0221

安価&新築
アパート経営なら
シノケン
シノケンの公式HPキャプチャ

自己資金が少なくても
経営できるノウハウ有り

電話相談はコチラ
0120-54-1143

すぐにスタートできる
中古アパート経営なら
東急リバブル
東急リバブルの公式HPキャプチャ

知名度・中古物件の保有数は
東京エリア屈指

電話相談はコチラ
0120-919-574

おすすめのアパート投資と企業
資産・年収・経験からおすすめのアパート投資と企業を紹介 アパート経営のセミナー情報を確認する
成功率を上げる
アパート経営
【東京編】