成功率を上げるアパート経営【東京編】
成功率を上げるアパート経営【東京編】 » アパート経営で成功するために絶対身につけておくべき基礎知識 » アパート経営におけるペットについて

アパート経営におけるペットについて

ここでは、アパート経営におけるペット飼育の可否について解説しています。

経営するアパートはペット可にすべき?

賃貸物件の検索サイトなどで必ず目にする、「ペット可」・「ペット不可」の表記。マイホームなら気兼ねなくペットを飼育することができますが、賃貸ではそれぞれのオーナーによって可否が異なります。ファミリーだけでなくシングルの世帯でも、ペットを飼いたいというニーズは多いですから、「自分が経営するアパートも、ペット飼育を可能にすべき?」と検討されている方も、少なくないでしょう。

アパートでのペット飼育には、当然、メリット・デメリットそれぞれあります。ペット飼育を可能にすれば、空室のリスク低減に役立ちますし、入居者の定着率も高まります。一方で、騒音をはじめ、入居者間でのトラブルのタネになってしまうかもしれません。

そこでここでは、アパート経営におけるペット飼育について、「ペット可物件」と「ペット共生物件」について、またそれぞれのメリット・デメリットについて、詳しく解説していきます。

「ペット可物件」とは?

ペット飼育ができる賃貸物件には、大きくわけて「ペット可物件」と「ペット共生物件」の2つのタイプがあります。まずは、「ペット可物件」についてみてみましょう。

飼っていない人も入居している

「ペット可物件」は、その名の通り、ペット飼育が可能な物件です。あくまでも可能ということですから、入居者のなかには、ペットを飼育している人もいれば、飼育していない人もいる、という混在した状態が発生することになります。

「ペット可物件」のメリット・デメリット

「ペット可物件」のメリットとしてあげられるのは、入居者を募集する際に、アパートでペットを飼いたい入居希望者を取り込むことができるということです。また、飼育を可能にしているアドバンテージがあるため、家賃の金額や敷金などの交渉においても有利に進めるられますし、一度入居した入居者の定着率も高まります。

デメリットとしては、ペットを飼育していない入居者にとっては、他の住人のペットは、トラブルのリスクになってしまう可能性があるということ。騒音や臭い、アレルギーなどのクレームに発展した際、対処が難しい場合があります。また、ペットによる物件および設備の汚損、破損も考えられます。一般的に、「ペット可物件」を後から不可にすることもできません。

「ペット共生物件」とは?

続いて「ペット共生物件」について見てみましょう。

ペットを飼うことが前提の物件

「ペット共生物件」とは、入居者がペットを飼育し、ペットと共に生活することを前提としているタイプの物件です。そのため、入居者は全員、ペットを飼育していることが前提となります。

「ペット共生物件」は単身世帯などでもペットの飼育に対するニーズが高まっていることを受けて、増えてきているタイプの物件です。

「ペット共生物件」のメリット・デメリット

「ペット共生物件」のメリットは、ペットを家族のように感じている、動物愛護の意識が高い入居者を募ることに特に適していることです。さらにペット飼育のなかでも、大型の犬や複数のペットを飼育することを希望しているなど、より高度なニーズにも応えることができるため、家賃などの面でも有利な条件を提示することができます。また、入居者全員がペットを飼育しているため、トラブルも起きにくいのです。

一方、デメリットとしては、物件の設備投資として、ペット専用のものを備える必要があるため、一般の入居設備よりもコストがかかります。また、入居者が退去する場合の原状回復にも、一般的な退去よりコストがかかってしまうことも挙げられます。ほかにも、ペットの飼育を考えていない人からは、入居を敬遠されてしまうことが考えられます。

ペット可の場合、トラブルを避けるポイントは?

アパートでのペット飼育を可能にする場合、事前にトラブルを避けるためのポイントについて解説します。

入居前に合意をとる

「ペット可物件」の場合は、どの入居者にも入居前に十分に説明を行い、合意をとるようにしましょう。これはペットによる騒音や臭いなどはもちろん、ペットを飼育したい入居者に対して、退去時の原状回復に関わる認識についても同じです。入居前に「飼育条件」の取り決めを提示したり、退去時の費用などについてしっかりと合意を取れてから、契約するようにしましょう。

飼育条件の設定

ペットを飼育したい入居者に対しては、飼育可能なペットの大きさや頭数、また種類などについて、お互いの認識の相違がないように、「飼育条件」を決めておくことが重要です。ここでのポイントは具体的であること。「小動物は飼育禁止」と言っても、ヘビや鳥などを飼われてしまうかもしれません。詳細に設定することで、リスク管理を行えます。

敷金や共益費を高めにする

最後に、ペット飼育を可能にする物件では、敷金や共益費用を高めに設定することもポイントのひとつ。これは、退去時の原状回復費用が一般的な賃料よりも高くつく場合もあるためです。相場については、同じエリアの物件と合わせるようにしておけば、高すぎると言われることもないでしょう。

アパート経営の得意分野別おすすめ企業3選

人気エリア
新築アパート経営なら
ATELIER APARTMENT TOKYO
ATELIER APARTMENT TOKYOの公式HPキャプチャ

立地&デザイン性で
入居者の心をガッチリつかむ

電話相談はコチラ
03-3516-0221

安価&新築
アパート経営なら
シノケン
シノケンの公式HPキャプチャ

自己資金が少なくても
経営できるノウハウ有り

電話相談はコチラ
0120-54-1143

すぐにスタートできる
中古アパート経営なら
東急リバブル
東急リバブルの公式HPキャプチャ

知名度・中古物件の保有数は
東京エリア屈指

電話相談はコチラ
0120-919-574

おすすめのアパート投資と企業
資産・年収・経験からおすすめのアパート投資と企業を紹介 アパート経営のセミナー情報を確認する
成功率を上げる
アパート経営
【東京編】