成功率を上げるアパート経営【東京編】
成功率を上げるアパート経営【東京編】 » アパート経営のリスクと対策 » 自然災害リスク

自然災害リスク

ここではアパート経営で考えなくてはいけない自然災害リスクとその対策について解説しています。

自然災害のリスクとは

アパート経営のリスクの中には建物や入居者に直接関わらなくても考えておかなければならない自然災害リスクがあります。台風、地震、洪水等が多発する災害大国の日本においては避けて通ることができないリスクと言えます。

自然災害リスクと言うと建物の倒壊や家財の損傷などをイメージしますが、アパート経営においてはそれだけに終わりません。災害による被害に関しては、保険で建て替えや修繕はできたとしてもその間の家賃収入は無くなります。

収入減によりローンの支払いが困難になったり、場合によってはローンだけが残ってしまうことも考えられます。少しでも損失を出さないようにするため、想定される自然災害をよく理解してしっかりした対策をしなければなりません。

自然災害の種類

雨(豪雨、台風、洪水)

アパート経営に影響を与える自然災害としてはまず豪雨や台風、洪水などの水害があります。近年各地で頻発するようになったゲリラ豪雨やこれまでの想定を上回る局地的豪雨は河川の氾濫や土砂崩れを引き起こします。

これらは床下浸水や床上浸水の被害をもたらし、土砂崩れや台風により建物が損壊してしまえば排水や修繕、リフォームなどに時間と費用がかかりアパート経営に大きな打撃を与えることになります。

2019年10月に首都圏を直撃した台風15号・台風19号により、東京都でも家屋に甚大な被害を及ぼしました。一昔前であれば、東京に来る台風に関してはそれほど不安視する必要はなかったのですが、気象の変化により、事前の対策が必要となったと言えるでしょう。

地震

東日本大震災や阪神淡路大震災など地震による被害についてはまだ記憶に残っている方も多いでしょう。建物に関しては新耐震基準が導入され耐震・制震技術の向上により地震による大きな被害が発生しにくくなってきました。

なお、内閣府が発表している首都直下地震の被害想定によると、全壊・消失家屋が最大約61万棟、死者が最大約2.3万人とされています。

参考サイト:内閣府防災担当_首都直下地震の被害想定[PDF]

地震による津波の被害

地震災害で忘れてならないのは津波による被害です。震源地や地震の規模によっては大きな津波が発生し建物を全半壊させてしまうことは東日本大震災の被害状況を見ても明らかです。東京都内であっても、津波が起きた際にも安全な立地かどうかもアパート経営には重要なポイントです。

自然災害への対策は

地方自治体のハザードマップを活用

洪水や地震、津波のリスクを事前に知るためには地方自治体が発行しているハザードマップを活用することをおすすめします。自然災害が発生した際に想定される被害や範囲などがわかるのでアパート経営のリスク回避手段として有効です。

保険への加入

アパート経営の災害リスクへの対応策としては保険に加入することが大切です。火災保険が基本となり、災害などで建物や家財に被害が発生した場合には損害額が補償されるため、住宅の建て直しや復旧に充てることができます。

まとめ

自然災害の発生は人間がコントロールすることは不可能です。オーナーとしてできることは被害の可能性の大小に関わらず保険への加入は必須と言ってよいでしょう。アパートには多くの人が居住することを考慮に入れて加入する保険を選びましょう。

また購入するアパートの構造設計や耐震性など強度も事前に調査しておくべきです。資料データの確認だけでなくできればセミナー等に参加して自然災害が起きた際にどの程度安全性が確保できるかということも確認しましょう。

アパート経営の得意分野別おすすめ企業3選

人気エリア
新築アパート経営なら
ATELIER APARTMENT TOKYO
ATELIER APARTMENT TOKYOの公式HPキャプチャ

立地&デザイン性で
入居者の心をガッチリつかむ

電話相談はコチラ
03-3516-0221

安価&新築
アパート経営なら
シノケン
シノケンの公式HPキャプチャ

自己資金が少なくても
経営できるノウハウ有り

電話相談はコチラ
0120-54-1143

すぐにスタートできる
中古アパート経営なら
東急リバブル
東急リバブルの公式HPキャプチャ

知名度・中古物件の保有数は
東京エリア屈指

電話相談はコチラ
0120-919-574

おすすめのアパート投資と企業
資産・年収・経験からおすすめのアパート投資と企業を紹介 アパート経営のセミナー情報を確認する
成功率を上げる
アパート経営
【東京編】