成功率を上げるアパート経営【東京編】
成功率を上げるアパート経営【東京編】 » アパート経営のリスクと対策 » 家賃滞納リスク

家賃滞納リスク

ここではアパート経営の家賃滞納リスクや損失を防ぐためための対応方法について解説しています。

家賃滞納リスクとは

入居者がいるにも関わらず、経済的事情や性格的な理由により賃料を払ってもらえないことを家賃滞納リスクと言います。空室リスクと同様に賃料収入がない状態になるためオーナーにとって大きな痛手となります。

空室の場合は入居者が見つかればすぐに解決へ向かいますが、家賃滞納の場合は入居者がいて滞納家賃を支払ってもらうための交渉などが必要になります。相手によって対応方法が異なるため、時間もかかり厄介な問題になりがちです。

家賃滞納の3つのパターン

一口に家賃滞納と言っても入居者によって事情も違い、以下のように大きく3つのパターンに分けることができます。

1.家賃を滞納する

入居者に悪意はなくても家賃滞納は発生します。経済的事情で一時的に支払いが遅れたり、うっかり引き落とし口座に入金をし忘れたりするなどして、すぐに支払ってもらえる場合は大きな問題とはなりません。

また性格的にいつも支払いや入金が遅れがちという人がいます。家賃滞納は何回も続くと問題が大きくなり、放置してしまうとますます支払いされなくなることになるので早めの対応が求められます。

2.家賃を滞納したまま住み続ける

明らかに入居者に悪意があって家賃を滞納されるパターンです。催促すると支払う意思を見せますが、待っていても一向に支払いが行われません。オーナーが強く出ないことをいいことに家賃滞納のまま住み続けてしまいます。

日本では司法手続きによらずに実力行使することは認められておらず、安易に行うと逆に訴えられることもあります。弁護士などに相談することになりますが訴訟となると費用もかかるので、なかなか前に進めません。

3.失踪・夜逃げする

オーナーにとっては最悪のパターンです。荷物ごと行方不明になり連絡することもできなくなってしまうため、対策や交渉することは困難です。もちろん夜逃げをしても家賃を支払う義務から逃れられるわけではありません。

裁判で勝訴すれば財産の差し押さえも可能ですが、そもそも財産がなかったり本人に連絡することもできなくなると何のアクションも起こせません。夜逃げをする状況になる前に解決する方向で動くことが重要です。

家賃を滞納されても収支には計上しなくてはいけない

家賃滞納はオーナーにとって賃料収入が無くなる以外にも注意すべきことがあります。入居者がいて家賃を支払う意思表示がある場合には、実際に入金がなくても税務上は利益があったとして収支には計上しなければならないことです。

税務では現金主義ではなく発生主義を原則としているため、家賃滞納は支払いが予定よりずれているだけという認識になります。利益が生じたことになりそこには税金もかかってきますのでオーナーには回収リスクだけが残ることになります。

家賃滞納からの損失を防ぐ手法

オーナーが家賃滞納リスクを回避して、できるだけ損失を出さないための方法は賃貸管理会社と集金代行の契約をすることです。毎月手数料は発生することになりますが、家賃滞納リスクをすべて負うことを考えれば高くはないでしょう。

また賃貸管理会社と契約する場合は、代行業務の内容確認をしっかり行ってください。家賃滞納保証がある場合は、家賃滞納が発生しても保証会社から家賃が支払われるので安心ですし、事前審査もあるので悪質な入居者の可能性は低くなります。

まずはプロに相談しよう

家賃滞納問題は自分だけではどうにも解決が難しいトラブルです。どう対応すべきかセミナー等に参加して確認するのもよいですし、管理会社に委託した方がよいかなどまずはプロに相談して、自分にとってベストな方法を見つけることが大切です。

アパート経営の得意分野別おすすめ企業3選

人気エリア
新築アパート経営なら
ATELIER APARTMENT TOKYO
ATELIER APARTMENT TOKYOの公式HPキャプチャ

立地&デザイン性で
入居者の心をガッチリつかむ

電話相談はコチラ
03-3516-0221

安価&新築
アパート経営なら
シノケン
シノケンの公式HPキャプチャ

自己資金が少なくても
経営できるノウハウ有り

電話相談はコチラ
0120-54-1143

すぐにスタートできる
中古アパート経営なら
東急リバブル
東急リバブルの公式HPキャプチャ

知名度・中古物件の保有数は
東京エリア屈指

電話相談はコチラ
0120-919-574

おすすめのアパート投資と企業
資産・年収・経験からおすすめのアパート投資と企業を紹介 アパート経営のセミナー情報を確認する
成功率を上げる
アパート経営
【東京編】